かなペンの雑記ブログ

小学生の息子がいる30代の主婦ブログ

【足くさい】言われないための7つの対策

f:id:kanapenblog:20210119181015j:plain


こんにちは、かなペン(@kanapenblog)です。

 

みなさんは友人のお家に上がるときやお店に入るときなどで、足のにおいを気にしたことありませんか?

「臭いと思われていないかな」「臭っていたらどうしよう」と悩んでいるひとは多いかと思います。

 

そこで今回は、足のにおいについて書いていきます。

 

【この記事にオススメのひと】

・足のにおいが気になるひと

・対策を考えているひと

・なるべくお金をかけたくないひと

 

足のにおいの原因

原因は〇〇にある

 そもそもどうして足が臭くなるのでしょうか。原因は大きく3つに分けられます。

1.雑菌・汚れ

f:id:kanapenblog:20210122085251j:plain

足に存在する雑菌は高温多湿が好きで、特に靴や靴下などの高温多湿を好みます。また汗や皮脂といった雑菌の餌が作られやすい足は雑菌から見たらとても好条件で、どんどん繁殖していきます。

繁殖していくときににおいの原因となる物質を出していくので、足が臭くなってしまします。

2.ストレス

f:id:kanapenblog:20210121223119j:plain


ストレスが溜まっていくと疲労臭が分泌されます。これはストレスが溜まることで内臓の機能が弱ってしまい、毒素であるアンモニアが血液に乗って最終的に皮膚から出てきます。

またストレス性の発汗では蒸れやすい環境を作ってしまい、においの原因になってしまいます。

3.体質や内臓系疾患など

f:id:kanapenblog:20210122085627j:plain

元々汗っかきであったり糖尿病などの内臓系の疾患があるひとは汗や内臓の機能が弱っているため、雑菌が繁殖しやすい環境にあります。

においを解消するには

靴から解消

専用の洗剤で洗う

f:id:kanapenblog:20210121002729j:plain

靴をキレイに洗いましょう。今は靴の洗剤がたくさん販売されています。つけ置きするタイプが多く出回っているので、靴を洗うのが面倒と感じるひとでも気軽に洗えます。

湿ったまま靴棚にしまってしまうと、せっかく洗ったのに雑菌が再び増えてしまいます。しっかりと乾燥させてから収納するようにしましょう。

新品の靴を買う

f:id:kanapenblog:20210121002514j:plain

長い年月履いた靴には蓄積された汚れがあります。専用の洗剤を使ってもすべて洗い流すのは難しい場合もあります。

洗ってみてもにおいが気になるときは、思い切って処分してみましょう。何回も挑戦すればにおいが落ちるかもしれませんが、新調した靴をメンテナンスした方が早いです。
 

重曹ミョウバンスプレーを吹きかける

f:id:kanapenblog:20210121002947j:plain

市販されている消臭スプレーは多いですが、重曹ミョウバンを使えばお家でも簡単に消臭スプレーを作ることが出来ます。

重曹スプレー】

1.スプレーボトルに200mlの水を入れます

2.重曹を小さじ半分入れます

3.よく混ぜ合わせて、脱いだ靴に振りかけます

ミョウバンスプレー】

1.スプレーボトルに200mlの水を入れます

2.ミョウバンを8g入れます

3.よく混ぜ合わせて、脱いだ靴に振りかけます

 

 3足以上を順番に履く

f:id:kanapenblog:20210121001329j:plain

足と靴は密接されているので、どうしても蒸れやすい環境です。そして同じ靴を履き続けているとなかなか乾燥されず雑菌が繁殖されてしまいます。3足以上の靴を回し履きするようにして靴の中を乾燥しましょう。

また、オフィスなどに勤めている場合はスリッパに履き替えると靴の中の蒸れている時間を抑えることが出来ます。

 

足から解消

足をよく洗う

f:id:kanapenblog:20210121002134j:plain

においは足の中でも足先のあたりから出てきます。お風呂に入ったときは、特に足先をていねいに洗いましょう。

1.泡をしっかりと泡立てる。できれば泡立てネットを使う

2.指の間を1つずつていねいに洗う。その際、ゴシゴシ洗うと傷がついて雑菌が繁殖しやすくなるので、ゴシゴシはしない

3.爪の間にも皮脂などの汚れが溜まるので、ていねいに洗う

4.泡や石けんカスが残らないようにキレイに洗い流す

 

石鹸を変えてみる

f:id:kanapenblog:20210121001845j:plain

足を丁寧に洗ってもにおいが気になる場合は石けんを変えてみましょう。

おすすめの石けんは「柿渋石けん」です。柿渋石けんはわきが体質のひとも多く利用していて、柿の成分でにおいの原因を洗い流してくれるうえに消臭効果もあります。気持ちいいくらいににおいがなくなります。

年齢を問わない石けんなので、たくさん動いて汗だくになった未就学児にも利用できます。

(私は夏場が特に気になるので、夏は体を洗う石けんと柿渋石けんの両方を利用しています)

 

 重曹ミョウバンで足湯する

f:id:kanapenblog:20210122182634j:plain

上の「靴から解消」にも出てきた重曹ミョウバンは、足に直接使うことも出来ます。スプレー以外にも足湯でにおいを消すことも出来ます。

重曹足湯】

1.洗面器に40℃以下のお湯を入れます

2.重曹を大さじ1〜2杯を入れます

3.よく溶かしたら素足を15分くらい浸ける

まれに肌荒れを起こす可能性もあるので、心配なひとは肌に合うかどうか確かめてからにしましょう。

ミョウバン足湯】

1.洗面器に2ℓのお湯を入れます

2.ミョウバンスプレーの原液100ml(水100ml、ミョウバン4g)を入れます

3.よく混ぜ合わせて液が透明になったら、素足を15分くらい浸ける

肌荒れが気になるひとは重曹足湯と同様に、肌に合うかどうか確かめてからしましょう。
 

最後に

梅雨ではない季節でも足のにおいは気になるもの。ご紹介した方法でにおいを気にしなくてもいい日常をお送りください。